レアンドロ・エルリッヒ展

Categories Design

アルゼンチン出身の現代アーティスト、レアンドロ・エルリッヒ展に、会期終了間際に滑り込みで行ってきました。

レアンドロ・エルリッヒは、日本では金沢21世紀美術館に恒久設置された《スイミング・プール》の作家としても知られています。金沢にはなかなか行く機会が無く、今回の個展は過去最大規模で日本初公開の新作もあるというので楽しみにしていました。

体験型トリックアートということもあり、アミューズメントパークのような楽しめる展示でした。少し残念だったのは、ひとつひとつの展示を体験するのに時間が掛かるため、会場内が非常に混雑していたこと。全てが写真撮影OKということもあり、インスタなどのSNSで拡散されたようです。観に行く立場としては盛況より空いていた方が嬉しいけど、美術館サイドとしては大成功だったのでしょうね。

金沢に行く機会があれば、今回写真でしか見られなかったスイミング・プールの本物を体験してみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レアンドロ・エルリッヒ展
https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/LeandroErlich2017/

Comments are closed.